FP相談をしてもらうための自己開示の方法と注意点

相談をするためにFPを探しているお客様にとっては、そのFPがどのような人なのかというのは大変気になるところです。
そこでブログやFacebookなどをチェックする方は結構いらっしゃいます。
これは一方で、ブログやSNSであまり情報発信(自己開示)を行っていないFPは選ばれにくいということでもあります。
そこで今回はFPがどのように自己開示をしたらよいのかを解説しました。

この動画コンテンツはFPビジネス実践塾(月額1000円)の会員の方がご覧になることができます。

関連記事

  1. 完璧主義を捨てる

  2. CFPを取得してから独立しようとする人は、なぜ上手くいかないことが多い…

  3. ~相談したいと思われるFPになるには自己開示が不可欠~ 人間味を出して…

  4. 積極的に居心地の悪いところに飛び込もう

  5. FPと顧客の関係性

FPジャーナル2017年12月号

『活躍する先輩FPに聞く 起業・集客・経営のノウハウ』特集

「夢を実現した先輩FPのポイント」で7名のFPが紹介されている中、私は資産運用相談を中心に活躍する独立系FPとして紹介されました。

「今、相談したい!ファイナンシャルプランナーの選び方」

「今、相談したい!ファイナンシャルプランナーの選び方」
著者:石田英憲(株式会社エフピー研究所)
安心して相談できるカリスマFP10人の内の一人として紹介されています。

最近の記事

  1. ビジネスモデル

    ~資産運用アドバイスを行うFPが大切にしたい~ …
  2. ビジネスモデル

    令和時代のFP像 ~金融審議会 市場ワーキング・…
  3. マインドセット

    積極的に居心地の悪いところに飛び込もう
  4. マーケティング

    ~コロナ禍でも集客に困らない~オンライン相談を3…
  5. ビジネスモデル

    FP相談のオンライン化で、商圏は全国に広がる
  6. ビジネスモデル

    FP業務オンライン化の鍵は顧客管理方法