FPと顧客の関係性

ファイナンシャルプランナー(FP)として独立した後、長くお客様と取引を続けていくために、どのような関係性を築いていったらよいのか?
今回はティーチングとコーチングの違いや、FPとしての考え方なども合わせて解説しています。
これから生き残っていくFPは、どのような姿勢でお客様と付き合っていくべきなのかも理解できると思います。

この動画コンテンツはFPビジネス実践塾(月額1000円)の会員の方がご覧になることができます。

関連記事

  1. FP相談をしてもらうための自己開示の方法と注意点

  2. ~相談したいと思われるFPになるには自己開示が不可欠~ 人間味を出して…

FPジャーナル2017年12月号

『活躍する先輩FPに聞く 起業・集客・経営のノウハウ』特集

「夢を実現した先輩FPのポイント」で7名のFPが紹介されている中、私は資産運用相談を中心に活躍する独立系FPとして紹介されました。

「今、相談したい!ファイナンシャルプランナーの選び方」

「今、相談したい!ファイナンシャルプランナーの選び方」
著者:石田英憲(株式会社エフピー研究所)
安心して相談できるカリスマFP10人の内の一人として紹介されています。

最近の記事

  1. コンサルティング

    資産毎の目標利回り設定や割合変更ができるライフプ…
  2. ビジネスモデル

    独立系FPにお勧めのメルマガ配信システム
  3. ビジネスモデル

    FPビジネスを安定させるために、継続課金できるキ…
  4. マインドセット

    ~相談したいと思われるFPになるには自己開示が不…
  5. コンサルティング

    ~講演や原稿執筆の際にも差が付けられる~ 投資信…
  6. ビジネスモデル

    「高齢社会における資産形成・管理」 からわかる、…