IFAビジネスの実態と、今後の課題

バレンタインショック、いわゆる節税保険の販売停止の影響で、これからのFPの収益源としてIFAビジネスに取り組もうと考えている人が増えているようです。
そのため今回はIFAとして10年以上活動してきた経験などを踏まえて、IFAビジネスの実態と、今後の課題等について解説しました。

この動画コンテンツはFPビジネス実践塾(月額1000円)の会員の方がご覧になることができます。

関連記事

  1. 独立系FPの講演料はどのくらい?

  2. FPビジネスを安定させるために、継続課金できるキャッシュレスサービスを…

  3. FPらしい顧問契約サービスを作る方法

  4. 金融庁の「顧客本位の業務運営」の取組状況レポートから見えてくる独立系F…

  5. 執筆の報酬はどのくらい?

  6. 「高齢社会における資産形成・管理」 からわかる、これからのFPに求めら…

  7. 独立系FPはどんな仕事をしているの?

  8. コンサルフィーはどのくらい?

FPジャーナル2017年12月号

『活躍する先輩FPに聞く 起業・集客・経営のノウハウ』特集

「夢を実現した先輩FPのポイント」で7名のFPが紹介されている中、私は資産運用相談を中心に活躍する独立系FPとして紹介されました。

「今、相談したい!ファイナンシャルプランナーの選び方」

「今、相談したい!ファイナンシャルプランナーの選び方」
著者:石田英憲(株式会社エフピー研究所)
安心して相談できるカリスマFP10人の内の一人として紹介されています。

最近の記事

  1. コンサルティング

    資産毎の目標利回り設定や割合変更ができるライフプ…
  2. ビジネスモデル

    独立系FPにお勧めのメルマガ配信システム
  3. ビジネスモデル

    FPビジネスを安定させるために、継続課金できるキ…
  4. マインドセット

    ~相談したいと思われるFPになるには自己開示が不…
  5. コンサルティング

    ~講演や原稿執筆の際にも差が付けられる~ 投資信…
  6. ビジネスモデル

    「高齢社会における資産形成・管理」 からわかる、…